Ruby入門、基本構文まとめ~これからにRubyに乗り換えする人へ~

| コメント(0) | トラックバック(0)

GW中にRuby習得するべく、参考書片手に基本構文を動かしてみました。

自分でまとめたメモを参考がてら公開してみます。 これからRubyに乗り換えするひとの参考になれば良いです

ruby
 # コメントは #
 # 埋め込みコメント
 =begin
 begin~end
 =end

 # インデントはスペース2
 # タブ文字は利用しない。

 # local変数
 # /^[a-z_][0-9a-zA-Z_]$/
 a
 _a

 # グローバル変数
 # $foo
 $foo

 # インスタンス変数
 @foobar

 # クラス変数
 @@foobar

 # 演算子
 #    +       加算
 #    -       減算
 #    *       掛け算
 #    /       割り算
 #    %       余り
 #    ^       階乗
 #    +       文字列結合

 # 論理式
 #    &&  and
 #    ||  or
 #    !   not

 # 比較子
 #    <
 #    <=
 #    >
 #    >=
 #    ==
 #    !=

 #プログラムの終了
 __END__

 #rubyをデバッグするのに利用
 # irb shellコマンドを利用
 # 出力はmethod p を利用 読みやすい出力
 p 1,"string",Object
 #表示 method
 print                           # そのまま表示
 puts                            # 改行を入れて表示

 p 1,"string",Object,[1,2,3]
 print 1,"string",Object,[1,2,3]
 puts 1,"string",Object,[1,2,3]

 #文字列
 a = "a\n" #ダブルクオーテーションの場合「\n」改行コード
 a = 'a'   #シングルクオーテーションの場合「\n」は\n

 #シンボル
 #  プログラム内部でしか使わない文字列の用途
 #  ・生成と比較が高速
 #  ・用途が明確なので、可読性向上
 #  ・破壊メソッドがないため、書換不可
 #  ・文字列よりタイプ数が削減される
 a = :symbol
 b = :symbol
 a == b

 #演算
 # 基本は整数のみ、小数点以下は表示されない
 5 /3    # => 2  整数
 5.0 /3  # => 1.6666666666666667 小数点以下

 # 代入
 # a++ インクリメントはrubyの言語仕様上不可
 a =  1
 a += 2
 a -= 1
 a = [1,2,3]

 # 多重代入
 a, b    =  [1,2]
 a, b, c =  [1,2]

 a,  =[1,2]     # カンマ以降は無視
 a,* =[1,2,3,4] # アスタはワイルドカード

 a,*rest =[1,2,3,4]     # rest [2,3,4]
 a,*rest,b =[1,2,3,4]   # rest [2,3]

 a,(b,c) = [1,[2,3]]    # ()付きの多重代入はネストした配列分解

 # 識別子 EOS までがリテラルになる
 print <<EOS
   the string
   next line
 EOS

関連記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://mukaer.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/37

コメントする

PR

PR





検索

Loading

メニュー

twitter