最新Rubyを使いたいけど「動かない」の心配をしている人へ|rbenv。

| コメント(0) | トラックバック(0)

rbenvを使えば、rvmよりシンプルに Ruby1.8.xやRuby1.9を切り替え可能! さらにrvmのいいとこ取りをしているという ことで、前回に引き続き、今回は使ってみる編です。

構成&準備する物

  • Linux ( CentOS 6.2 環境を想定しています)
  • コンパイルできる環境
  • git
  • rbenv
  • ruby-build (rbenvのplugin)
  • rbenv-gemset (rbenvのplugin)
  • git外部アクセスPort 9418 ( git://github.com )

CentOS だと下記コマンドでgitも含め一括インストール可能です。

$ yum -y  groupinstall "Development Tools"

rbenvのインストール

rbenvのフォルダは/home/${HOME}/.rbenv/versions/1.9.2-p290
このように$HOMEディレクトリの直下で管理する方式なので それに合わせshellやrbenvの実行プログラムを設定していきます。

  1. ~/.rbenvフォルダへcheck out

    $ cd
    $ git clone git://github.com/sstephenson/rbenv.git .rbenv
    
  2. ~/.rbenv/binの実行PAHT追加

    $ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
    
  3. rbenv用shellの初期化を追加

    $ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile
    

    Zshの場合 ~/.zshrc 等に書き込む 、下記の感じにしてみました。

    if [ -d ${HOME}/.rbenv  ] ; then
        PATH=${HOME}/.rbenv/bin:${PATH}
        export PATH
        eval "$(rbenv init -)"
    fi
    
  4. shellのrestart

    $ exec $SHELL
    
  5. ruby-build(rbenvのpulugin)インストール
    この設定でrubyコンパイルがrbenv installコマンドで簡単に出来ます。

    $ mkdir -p ~/.rbenv/plugins
    $ cd ~/.rbenv/plugins
    $ git clone git://github.com/sstephenson/ruby-build.git
    
  6. rbenv-gemset(rbenvのpulugin)インストール
    この設定でgemが管理できます。

    $ cd ~/.rbenv/plugins
    $ git clone git://github.com/jamis/rbenv-gemset.git
    
  7. Rubyのインストール&コンパイル

    $ MAKEOPTS=" -j 2"     #make オプション 数字はcpuコアに合わせる
    $ rbenv install 1.9.2-p290
    
    
    下記表示が出るのでしばらく待つ
    Downloading http://pyyaml.org/download/libyaml/yaml-0.1.4.tar.gz...
    Installing yaml-0.1.4...
    Installed yaml-0.1.4 to /home/mukaer/.rbenv/versions/1.9.2-p290
    Downloading http://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/1.9/ruby-1.9.2-p290.tar.gz...
    Installing ruby-1.9.2-p290...
    Installed ruby-1.9.2-p290 to /home/mukaer/.rbenv/versions/1.9.2-p290
    Downloading http://production.cf.rubygems.org/rubygems/rubygems-1.8.10.tgz...
    Installing rubygems-1.8.10...
    Installed rubygems-1.8.10 to /home/mukaer/.rbenv/versions/1.9.2-p290
    
  8. rbenvに反映

    $ rbenv rehash
    
  9. 他のバージョンインストール

    どのバージョンが利用可能か確認

    $ ll .rbenv/plugins/ruby-build/share
    

    下記を試しインストール

    $ rbenv install 1.9.3-p125
    $ rbenv install 1.8.7-p358
    $ rbenv rehash
    

rbenv でのバージョン切り替え

rbenv globalを使ってバージョンを切り替える

$ rbenv global 1.9.2-p290
$ ruby -v
ruby 1.9.2p290 (2011-07-09 revision 32553) [x86_64-linux]

$ rbenv global 1.9.3-p125
$ ruby -v
ruby 1.9.3p125 (2012-02-16 revision 34643) [x86_64-linux]

プロジェクトフォルダ別のRubyバージョン指定

rbenv localコマンドで直下ディレクトリに.rbenv-versionが作られる そのフォルダ構成下はRubyバージョンは指定されたものを利用する。

$ rbenv local 1.9.3-p125
$ ruby -v

gemsetの管理は下記

$ echo my-gemset > .rbenv-gemsets

まとめ

rbenvを使えばコマンドで簡単にRubyバージョンを切り替えれ、 プロジェクトの管理も.rbenv-versionファイルで指定可能となります。

と言う訳で、今後はrbenvを使っていく所存です。

参考ページ

関連記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://mukaer.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/54

コメントする

PR

PR





検索

Loading

メニュー

twitter