Linuxパフォーマンスの徹底検証、さくらのVPSリニューアル編

| コメント(0) | トラックバック(0)

前回に引き続き、今回はリニューアルしたさくらのVPS1Gプランと 旧512Gプランを検証してみました。

旧512Gの負荷は、このBLOGの運用しているだけとなり、 ほぼ負荷がないであろう時間帯、AM4:00に取得しました。 まぁそれでも他の人の影響が多少はあるかもしれません。

UnixBenchを使って総合テスト

UnixBenchでシステム全体の性能評価をしました。

UnixBenchIndexScore

インデックススコアを見ると新さくらのVPSのほうが、約45%性能アップした結果となりました。 さくらのVPSでは2コア利用できるので、 1CPUコア利用時、2CPUコア利用時のそれぞれベンチ結果がIndexScoreとなります。

UnixBench 各項目

UnixBench 新さくらのVPS 1G
(CentOS 6.2)
さくらのVPS 512M
(CentOS 5.5)
cont 新さくら(1core) 新さくら(2core) 旧さくら(1core) 旧さくら(2core)
Dhrystone 2 using
register variables
24,562,067 47,994,737 13,738,181 26,901,150
Double-Precision
Whetstone
3,112 6,086 2,863 5,662
Execl Throughput 2,768 8,040 2,623 7,052
File Copy
1024 bufsize
2000 maxblocks
815,862 1,023,160 658,656 240,277
File Copy
256 bufsize
500 maxblocks
228,339 269,875 189,829 69,808
File Copy
4096 bufsize
8000 maxblocks
1,568,106 2,619,802 1,214,023 521,387
Pipe Throughput 1,622,353 3,159,693 1,813,891 3,603,047
Pipe-based
Context Switching
285,267 546,360 106,551 722,168
Process Creation 8,229 22,615 8,003 19,162
Shell Scripts
(1 concurrent)
5,526 9,806 5,125 8,637
Shell Scripts
(8 concurrent)
1,282 1,310 1,262 1,426
System Call Overhead 1,819,026 3,189,688 3,290,692 5,400,516

UnixBench 各項目説明

Dhrystone 2 using register variables 整数演算性能
Double-Precision Whetstone 浮動小数点演算性能
Execl Throughput 関数実行性能
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks file copy
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks //
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks //
Pipe Throughput パイプ処理性能
Pipe-based Context Switching パイプベースContextスイッチ性能
Process Creation プロセス作成性能
Shell Scripts (1 concurrent) shell実行
Shell Scripts (8 concurrent) //
System Call Overhead オーバヘッド

HimenoBench

姫野ベンチマークでCPUのMFLOPSを測定 002

これまた性能が約43%UP

bonnie++

Disk I/Oの性能テストとなります。 コマンドは下記をオプションをつけ実行しました。

./bonnie   -d /tmp -s 2048 -r 1024 -u root -b

002

連続 Write の性能結果、blockについては新さくらの方が圧倒的になっています。 多分これは、write()時にメモリにキャッシュされているからですね。 推測するにlinuxのページキャッシュ機能か、kvmのvirtioどちらか思われます。 Rewriteでは旧さくらの方が多少早くなっている様子ですね。

Sequential Output 項目説明
readme.htmlからの引用(英訳は怪しいです)

1.Pre Character.
putc()ストリームへの1文字出力書込 stdio macroを利用。 CPU overheadはstdio codeとOSのfile spaseの割り当てに必要

2.Block
ファイル作成、write(2)ファイル書込を利用。 CPU overheadはOSのfile spase割り当てをすぐしている。

3.Rewrite
書き換え、fileの各ページキャッシュはread(2)ストリーム読込時に蓄積し、 write(2)での書き換え時にlseek(2)ファイルポインタ移動を必要とします。 割り当て領域が無い時、I/Oはよくローカライズされているので、 このテストではファイルシステムでのページキャッシュと転送速度の 有効性を確認できるはずです。

003

連続 Read の性能結果、ここはすべての項目が新さくらVPSのほうが早い結果になっています。

Sequential Input 項目説明
readme.htmlからの引用(英訳は怪しいです)

1.Pre Caracter
getc()ストリームからの1文字入力 stdio macroを利用

2.Block
ファイル読み込み、read(2)を利用

004

lseek()でのファイルポインタ移動の回/秒、旧さくらの方が早い結果になりました。

Random Seeks 項目説明

8000回lseek()ファイルポインタ移動を行う。ロケーションはランダム bsdシステムの乱数はdrand48()を利用

005

連続ファイル作成テストの結果、Readはページキャッシュの要因で 新さくらVPSのほうが早くなっていると思われますが、CreateとDeleteの 速度では旧さくらのVPSが早くなっています。lessk()性能の影響か?

Sequential create項目説明
ファイル作成テスト,ファイル名は7桁の番号とランダムな英数字(0-12)

1.Create
ファイル作成順は数字、ファイル名は数字、

2.Read
stat()ファイル状態取得順はreaddir()ディレクトリ内容確認

3.delete
ファイル削除順も2.と同じ

006

ランダムファイル作成テストの結果、こちらも旧さくらVPSのほうが CreateとDeleteが早くなっています。

Randm create項目説明
ファイル作成テスト,ファイル名は7桁の番号とランダムな英数字(0-12)

1.Create
ファイル作成順はランダムで表示されるように、ファイル名の先頭は、ランダムな文字、最後の7文字は番号

2.Read
stat()ファイル状態取得順はランダムファイル名

3.delete
ファイル削除もランダムファイル名

bonnie++ 結果一覧

bonne++ --Sequential Output-- --Sequential Input- --Random-
machine Per Chr Block Rewrite Per Chr Block Seeks
新さくら1G 85,053 620,015 64,849 63,907 466,882 618
旧さくら512G 44,518 55,380 68,834 54,619 377,008 3,763
bonne++ --Sequential Create-- --Random Create--
machine Create Read Delete Create Read Delete
新さくら1G 600 620,469 776 680 777,272 664
旧さくら512G 1,000 570,115 962 1,188 912,960 1,063

DD

ddコマンド実行による、Disk I/O書き込みテスト

dd if=/dev/zero of=/tmp/tmp1 bs=128k count=32768

007

新さくらVPSがやはり早いです、ページキャッシュの効果ですね。 ちなみに8GB書き込みしてみましたが、結果は変わらずでした。 その時の結果は下記

$ dd if=/dev/zero of=/tmp/tmp1 bs=256k count=32768

    32768 0 records in
    32768 0 records out
    8589934592 bytes (8.6 GB) copied, 12.2888 s, 699 MB/s

hdparm

hdparmコマンドによる、Disk I/O読み取りテスト

hdparm -tf /dev/hda2

008

おわり

リニューアルした新さくらVPSでは Disk I/O の負荷で小分の処理やランダム処理は苦手みたい、 だけどシーケンシャル処理はキャッシュのお陰で驚異的な性能になっていました。

コストパフォーマンス、今のところ最強!?

参考

関連記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://mukaer.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/74

コメントする

PR

PR





検索

Loading

メニュー

twitter