tmuxの画面をcronやスクリプトで自動操作する。

| コメント(0) | トラックバック(0)

tmux send-keysを利用すれば、 キーボード操作をエミュレートしてくれるのを知ったのでメモがてら紹介です。

tmux上で動かしている、emacsやvi,mysql,kvm qemu moniter などなど対話型の物が cronやら外部スクリプトで操作ができるようになります。

これで対話型しか操作環境がないアプリなど、自動操作することが可能です。

手順

1.tmuxの新規セッション作成

cmd
$ tmux new-session -d  -s sessionname -n windowname

2.tmuxのセッション確認

cmd
$ tmux list-sessions   #session一覧
$ tmux list-windows    #window一覧

3.send-keysを使ってcronなどから操作

cmd
$ tmux send-keys -t sessionname:windowname   ls C-m
# ls がコマンドなどキボード操作
# C-m が改行コード

4.tmuxのsessionに入ってを画面結果を確認する。

cmd
$ tmux attach-session -t sessionname

おわり

あとは、cronやらshellやらを用意するだけです。

参考リンク

tmux本家マニュアル

関連記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://mukaer.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/90

コメントする

PR

PR





検索

Loading

メニュー

twitter