備えあれば憂いなしの家電落雷対策

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日の早朝、集中豪雨と落雷がすごかったです。 雷がゴロゴロするたびに瞬間停電が結構発生していました。 と言うわけで、我が家の落雷対策&グッズを紹介

対策の方針

基本の対策としては下記記2点

  1. 屋外、屋内の配線
  2. 瞬間停電の影響

家の外から引いている配線から雷の高圧電流(ノイズ)が入ってくるので この対策をします。電力配線、TV配線、電話線 etc

次に、瞬間停電、落雷した瞬間など一瞬だけ電気が止まる場合があります。 この事態に非常に弱い機械がハードディスクドライブ。 最近はパソコンに限らず、TVレコーダー、ゲーム機など結構いろいろあったりします。 モーターの回転部品があるので、TVの録画中など(データ書込中)に瞬停してしまうと データーの破損、最悪の場合ハードディスク自体の故障が発生します。 これのおかげで実際に故障しました。周りでもちらほらと聞く場合がります。

これらを踏まえ、下記は対策グッズ紹介。

コンセント編

雷ガードタップ

1個600円ほどなので、全てのコンセントにつけましょう。 価格は、メーカ名を聞いたことがあるところの一番安いやつで 十分かと思います。

ついていない、コンセントを見たら付けるのが基本です。

テレビ編

TVアンテナ雷ガード機器、これが以外と売ってなかったり 探すのが手間だったりします。

価格は、2000~5000円と結構ばらけているので、amazonで 検索してポチると良いでしょう。

電話編

これも、以外と売っていません。amazonでぽちっとな。

パソコンのLAN配線編

LANの配線口がRJ45と言われていますのでこちらもamazonで紹介。

瞬間停電の対策編

UPS(無停電電源装置)の機器の導入です。 用は大きな電池(バッテリー)です。

機械の消費電力(w)によって、バッテリーの動作時間や繋げられる機器数が異なります。 価格が高くて、筐体がでかいやつほど動作時間も長く、機器数を増やせます。 あと、内部のバッテリーは消耗品なので2~3年で交換が必要です。 メーカーはAPC社やオムロン社などが有名でしょうか。

おわり

ここまで、つらつら書いてきましたが、 ぶっちゃけ

雷なったらコンセント全部抜く!

の方が100%安全です。 あくまで、寝ているときや、外出中の予防策として考えてもらえばとおもいます。

家電の故障は怖い!(主にサイフが!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://mukaer.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/92

コメントする

PR

PR





検索

Loading

メニュー

twitter