CentOSでnicのeth0が認識できなくなった場合の対処

| コメント(0) | トラックバック(0)

lan intelのサーバー用nicを数枚ほど仕入れました。

仕入れた物はこれ:インテル PRO/1000 PT サーバ・アダプタ EXPI9400PT

しかしeth0が認識せずeth1と認識されることがありましたので、その対処方法の紹介です。

NIC(LANカード)変更や、バーチャルマシンのNICでMACアドレスが変わった場合このようなことが起きる様子です。

環境

  • Linux CentOS 6.3 (多分CentOS 5でも同じ)

手順

1.network interfaceの調査
まず、ifconfigコマンドを利用してnetwork interfaceの状態を調べます。

cmd
su -
ifconfig
result
lo        Link encap:Local Loopback
          inet addr:127.0.0.1  Mask:255.0.0.0
          inet6 addr: ::1/128 Scope:Host
          UP LOOPBACK RUNNING  MTU:16436  Metric:1
          RX packets:352 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:352 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:0
          RX bytes:21120 (20.6 KiB)  TX bytes:21120 (20.6 KiB)

普通、eth0といった表示が出ますが、今回表示が出ません。 そこでifconfig -aとします。

cmd
su -
ifconfig  -a
result
eth1      Link encap:Ethernet  HWaddr 00:1F:29:0D:AD:3A
          BROADCAST MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:1000
          RX bytes:0 (0.0 b)  TX bytes:0 (0.0 b)
          Interrupt:16 Memory:fb820000-fb840000

確認すると、eth1となっています。 これをeth0に変える場合は次

2.デバイス情報のファイル編集
下記ファイルを編集

cmd
su -
vi /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules
変更前
# PCI device 0x8086:0x1502 (e1000e)
SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", DRIVERS=="?*", ATTR{address}=="00:22:4d:50:44:ee", ATTR{type}=="1", KERNEL=="eth*", NAME="eth0"


# PCI device 0x8086:0x10bc (e1000e)
SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", DRIVERS=="?*", ATTR{address}=="00:1f:29:0d:ad:3a", ATTR{type}=="1", KERNEL=="eth*", NAME="eth1"
変更後
# comment out
## PCI device 0x8086:0x1502 (e1000e)
#SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", DRIVERS=="?*", ATTR{address}=="00:22:4d:50:44:ee", ATTR{type}=="1", KERNEL=="eth*", NAME="eth0"
# 

# PCI device 0x8086:0x10bc (e1000e)
SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", DRIVERS=="?*", ATTR{address}=="00:1f:29:0d:ad:3a", ATTR{type}=="1", KERNEL=="eth*", NAME="eth0"

変更ポイント

  • NAME="eth0"をコメントアウト
  • NAME=eth1"の行をNAME=eth0"に変えます。

3.再起動
終わったら再起動するだけです。

cmd
reboot

おわり

linuxで使うnicはintel製が鉄板です。 ドライバーも勝手に認識してくれるので導入が非常に楽です。

関連記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://mukaer.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/93

コメントする

PR

PR





検索

Loading

メニュー

twitter